つれづれ読書日記

読んだ本の感想など。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 誘拐ラプソディー (双葉文庫) | main | 獣の奏者 >>
# 塩の街
評価:
有川 浩
メディアワークス

JUGEMテーマ:読書
 
有川浩さんの自衛隊シリーズ第一弾。

自衛隊シリーズとはいえ、他の二作品ほど「ミリタリー」ものではなく
ジャンル的には「ラブストーリー」です。
しかも世界を救っちゃうほどの愛。
でも二人の頭の中は「相手のことしか考えていない究極の自己中心愛」。
・・・イヤほんと、世界が救われてよかったです。


あいかわらず、設定は突拍子ありません。
「ある日宇宙から塩の塊が落ちてきて、
 その後、人間がどんどん塩の柱になっていく」
・・・
ナンデスカ、ソレハ?

絶対私では思いつかない発想です。
(思いついたとしても、異世界とか違う惑星とか
 とにかく舞台が「現在の東京」とかありえない。(笑)

本当に面白い作家さんです。
最近はあまりそういう「異色SF」を書かれていないのでしょうか?
ぜひその路線を続けて欲しいのになあ。。。


| comments(0) | trackbacks(0) | 17:04 | category: 有川浩 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:04 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links