つれづれ読書日記

読んだ本の感想など。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< クラインの壺 (講談社文庫) | main | 愛しの座敷わらし >>
# 人柱はミイラと出会う
JUGEMテーマ:読書
 
「人柱」、「お歯黒」、「参勤交代」など、
古き日本の風習が現在にも残っているというパラレルワールドミステリー。

私も、主人公であるアメリカ人リリーと同じように
「日本の風習」に驚き
「日本人」により
(そんなものなの?)と半ばいぶかしい思いを抱きつつも
強引に納得させられました。

石持ミステリーには珍しく、恋愛色もあって
とても楽しく読みました。

最後の「アメリカ人」たちによる大逆転も  でしたね。
| comments(2) | trackbacks(1) | 20:27 | category: 石持浅海 |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:27 | category: - |
コメント
れーこさんごめんなさい。
上のコメントは消しておいてください。
すでにお顔馴染みさんでした・疲れてます滝汗。
違和感なく読めて、面白かったです。
TBお待ちしていますね。
| 藍色 | 2009/11/04 6:20 PM |

いつもありがとうございます。
石持浅海さんのお話はユニークな発想がいいですよね。
TBありがとうございました。
こちらもお返しいたしました。
| れーこ | 2009/11/05 7:03 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
人柱はミイラと出会う 石持浅海
留学生リリー・メイスは、日本で不思議な風習を目にした。 建築物を造る際、安全を祈念して人間を生きたまま閉じ込めるというのだ。 連作...
| 粋な提案 | 2009/11/04 5:21 PM |
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links