つれづれ読書日記

読んだ本の感想など。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 西の善き魔女 全八巻 (中公文庫) | main | 獣の奏者 外伝 刹那 >>
# これは王国のかぎ (中公文庫)
JUGEMテーマ:読書
 
相変わらず、荻原規子さんを読み漁っております。
これは図書館の児童書の棚からGET

私にとって、初めての「宿命を負った少年と運命の少女」でなかったお話でしたw

よくある、『次元トリップ』ものですが、
つぼの中から「首だけ」トリップ、とか
海で湿気たあと鍋で煎ってもらったら元気になった、とか
・・・いや〜ちょっと発想が奇怪で面白かったです。

ただ、ヒーローだと思われていたハールーン王子が
あっさり行方不明になって
結局話の軸にならなかったのがちょっと寂しいと思いました。

どうやら続編もあるらしいので、探してきます。




| comments(0) | trackbacks(0) | 18:09 | category: 荻原規子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:09 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tsure2.jugem.jp/trackback/222
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links