つれづれ読書日記

読んだ本の感想など。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ネバーランド | main | パーティ >>
# SOSの猿
評価:
伊坂 幸太郎
中央公論新社

JUGEMテーマ:読書
 
「グラスホッパー」の時のように
二つの世界が交互に描かれ
さらにどこまでが真実か読めないまま
それでも最後はひとつにまとまる物語。

エクソシストと斉天大聖孫悟空がどう関わるのか
それいかんによって
この話はファンタジーにもSFにもなるなと
ドキドキワクワクしながら読みました。

特別大きな仕掛けがあるわけではありませんが
なるほどな〜と思わせるラストでした。


・・・結局ファンタジーでもSFでもなかったことはおいといて。








| comments(0) | trackbacks(0) | 22:23 | category: 井坂幸太郎 |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:23 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links