つれづれ読書日記

読んだ本の感想など。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ノルウェイの森 | main | ソロモンの偽証 >>
# 民王
JUGEMテーマ:読書
 
これまで読んだ池井戸氏の小説とは
ちょっと変わった風の作品。
笑いあり涙ありの痛快政治SF小説(どんなジャンル?)。

若者たちもおじさんたちも現状打破し
それぞれ前向きに変わっていく様は大変気持ちの良いものでした。

実際の政治家もこれだけの覚悟があって
思い切りの良いことをしてくれたら良いのにな。と思いながら
本を閉じました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:34 | category: 池井戸潤 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:34 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tsure2.jugem.jp/trackback/384
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links