つれづれ読書日記

読んだ本の感想など。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 螺鈿迷宮 | main | 麦屋町昼下がり (文春文庫) >>
# しゃばけ (新潮文庫)
JUGEMテーマ:読書


そういえば読んでいなかった人気シリーズの第一弾。
お化けの出てくる時代小説というと
宮部みゆきさんの小説のようなものか?と思っていましたが
趣がぜんぜん違いました。
一言で言うと「やさしい」お話。
文体もやさしければ、ストーリーもやさしい。
登場人物も皆やさしい。
非常に読みやすい小説です。
殺伐としたお話を読んだ後などに
口直し感覚で読むといいと思います。

若旦那のやさしい性格がかわらずにいてくれることを期待して
続編をどんどん読んでいきたいと思います。
| comments(2) | trackbacks(1) | 13:31 | category: 畠中恵 |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:31 | category: - |
コメント
再読でしたけど面白かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
| 藍色 | 2009/10/04 3:12 AM |

トラックバックありがとうございました。
こちらもさせていただきました。
| れーこ | 2009/10/06 12:53 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tsure2.jugem.jp/trackback/63
トラックバック
しゃばけ 畠中恵
大店の若だんな・一太郎は、めっぽう体が弱い。 なのに猟奇事件に巻き込まれ、仲間の妖怪と解決に乗り出すことに。 再読。可愛い鳴家、犬...
| 粋な提案 | 2009/10/04 2:48 AM |
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links