つれづれ読書日記

読んだ本の感想など。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 天顕祭 (New COMICS) | main | 夜市 (角川ホラー文庫) >>
# ゆめつげ (角川文庫)
評価:
畠中 恵
角川グループパブリッシング
JUGEMテーマ:読書


「しゃばけ」シリーズの文庫本を読了したので
同じ畠中恵さんの時代小説を読んでみました。

「夢告」という不思議な力で失せ物を探すのが得意な
のんびり神官弓月。
そんな彼が礼金目当てに引き受けた依頼が
やがてとんでもなく大きな事件に発展する・・・というお話。

登場する弓月・信行兄弟ののんびりさ加減と掛け合い漫才的要素は
「しゃばけ」シリーズとも通じるものがありますが
事件の大きさ、ハードボイルド(?)さはこちらがかなり上。
幕末という時代の変化は
神社仏閣にはあまり関係がないと思っていましたが
あったのですねえ。。。
勉強になりました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:44 | category: 畠中恵 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:44 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links